水漏れで隣人に迷惑をかけた経験者は意外に多い

水回りのトラブル、起きているのって自分だけ?なんて思ったことがあるのですが、いざ話を聞いてみると意外と多かったりします。まぁわざわざ「うちのトイレが〜」なんて話を自分からする人もいないからでしょうけど、結構どこの家でもなんかしらのトラブルは起きているんだなぁと。さらに、「実は水漏れで隣人に迷惑をかけてしまった」という人が多いんです。というのも、水漏れって詰まりとは違って、起きていることに気付かないことが多いからのようです。基本的に排水管は目に見えない部分にあるため、余程酷い水漏れでない限り、目に見えるほどの問題になりにくいです。ましてや床下や壁の中にある配管から水漏れしているとかになると、素人には気付きようもありませんよね。迷惑をかけた経験者は皆、「知らないうちに漏れていた」「漏れていることに気付かず、階下や隣の部屋に水が染みだしてしまった」と言います。隣人から苦情が来て、初めて水漏れに気付くのですね。

隣人が理解のある方、話しやすい方なら、一言謝ってすぐに修理すれば丸く収まるでしょう。でも、もしトラブルになりやすい人だったりしたら…。そう考えると、なんだか怖いですよね。自分の知らないところで迷惑をかけ、相手を怒らせてしまう。それによって隣人トラブルに発展したら、もうその家に住んでいたくなくなってしまうでしょう。

水回りのトラブル、特に水漏れは、最初に書いた通り自分では気付きにくいものです。時間のある時、金銭に余裕のある時に、できれば一度専門業者に点検してもらうとよいですよ。賃貸であれば、場合によっては大家さんが費用を負担してくれることもありますから、まずは相談することが大切です。