トイレの水漏れが起きるところと起きないところの違い

トイレのトラブルとして多いのが水漏れです。トイレは意外と多くの部品で作られており、そのどこかが壊れたり劣化したり、場合によっては家主の使い方が悪くて水漏れに繋がったりということがあります。その多くは普段からのこまめな掃除や点検で防ぐことができるのですが、では水漏れが起きるところと起きないところの違いはなんなのでしょう。それがわかれば、普段の点検もしっかりと行えますよね。

ズバリ、水漏れが起きるところは「劣化する部分」と「見えない部分」です。劣化する部分というのは、ゴム製の部品などですね。パイプなどの金属ももちろん劣化はするのですが、ゴムの方が劣化が早い、もしくは劣化しやすいものになります。消耗部品とも言えるのですが、こういったところを定期的に点検し、必要に応じて交換するようにしましょう。そうすればトイレとしての機能を常に万全の状態にすることができ、水漏れを防げます。そして見えない部分。これは排水管の内部などですね。目に見えない部分なので汚れや異常を見つけづらく、長期にわたって放置しがちです。ここをしっかり清掃してあげることで、排水管の劣化や破損を防ぐことができますし、水漏れだけでなく詰まりを予防することも可能です。

反対に、水漏れが起きないところは目に見えていつでも対応、掃除ができる部分。そして経年劣化しづらい部分です。極端に言えば、タンクの表面なんて突然穴が開いたりするわけでもありませんし、いつでも目に見えているので何か異常があってもすぐ対応できますよね。

起きるところと起きないところをしっかり理解して、起きるところであっても水漏れが起きないように常に管理したいものです。